メニュー 閉じる

新型コロナウイルスの蔓延によって公演中止・延期を余儀なくされた皆様へ

S-paceよりご提案させていただきます

 ここで改めて書くまでもなく、コロナウイルスの蔓延により、全国的に公演の中止・延期が相次いでおります。再現性の低い演劇という表現はこのような状況下では被害が大きく、日々届くニュースに心を痛めております。

 この状況下で危惧されるのは、公演中止によるダメージ(心的・金銭的両方の意味で)により、表現活動の継続が困難になる団体・個人が増えてしまうことだと考えます。また既に報じられておりますが、今回の騒動により収入源を失っている表現者・スタッフも多数居られます。(S-paceも例外ではなく、貸し小屋のみならず外部へのスタッフ派遣や機材の貸し出し等による収入が激減し、大幅な赤字を抱えることとなりそうです)

 この状況下で何かできることはないかと考え、やはり劇場として上記の困難から脱する手助けができればと思い立ち、以下のような提案をさせていただきます。

公演中止・延期を余儀なくされた団体(個人)の公演を、劇場費半額(管理人件費・延長費除く)で受け入れさせていただきます。

 中止になった公演の再チャレンジでも、出演者・スタッフが入れ替わってしまった状態でも、またまったく別の新作や再演でも構いません。大事なことはコロナウイルスによって受けたダメージを少しでも和らげていただくことだと思います。どうすればそのダメージが和らぐのかはそれぞれの状況によって違うかと思います。公演を改めて行うこと、経済的損失を少しでも補うこと、どれらも大切なことだと思います。劇場費を無料にできれば一番いいのですが、それだとこちらが立ち行かなくなってしまいますので、ギリギリのラインであることをご理解いただければ幸いです。

 もちろん、実現が難しい団体が多いであろうことは承知しております。実際に利用が無くても、これを機にそれぞれの団体で前向きな会話が起こるだけ、それだけでも充分価値のあることだと考えています。

 関西圏のみならず、大げさにいうなら全世界の表現者の皆さんが対象です。関西の方々以上に難しいかとは思いますが、このピンチをチャンスに変え、大阪での公演を計画してみようという考えが頭をよぎったら、ぜひご相談ください。

 なるべく皆さんの状況に寄り添った形にできればと思いますので、些細なことでもお問い合わせいただければと思います。この困難を一緒に乗り越えて、収束した際に今まで通りの表現活動ができていることを目指したいと思います。また、期限も無期限とさせていただきます。それぞれが検討しやすいタイミングでご相談ください。

 この騒動が無事収束し、皆さんの演劇のある日常が少しでもいままで通り、もしくはそれ以上の形で取り戻せるよう心から祈っております。

アトリエS-paceプロデューサー 関川佑一

Posted in 未分類